【ネタバレあり】ホラー映画『クワイエットプレイス2』のあらすじまとめ

ホラー映画『クワイエットプレイス2』は、音に反応する怪物に襲われる世界で生き残る家族の物語の続編です。前作のラストで、父親のリー(ジョン・クラシンスキー)が犠牲になり、母親のイヴリン(エミリー・ブラント)と子供たちは、農場を脱出し、他の生存者を探す旅に出ます。しかし、外の世界は想像以上に危険で、怪物だけでなく、人間の敵も待ち構えています。果たして、家族は無事に島にたどり着き、高周波で怪物を倒すことができるのでしょうか?あらすじをまとめた記事になりますので、クワイエットプレイス2 ネタバレを含みます。ご注意ください。

静寂の世界で生きるアボット一家

ホラー映画『クワイエットプレイス2』は、音に反応する怪物に襲われる世界で生き残るアボット一家の物語の続編を描いています。父親のリーは怪物に殺され、母親のイヴリンは新生児を出産しました。長女のリーガンは聴覚障害を持ち、高周波音で怪物を撃退する方法を発見しました。長男のマーカスは怪物に怯える気弱な少年です。一家は自宅を離れ、他の生存者を探すために旅に出ます。途中、罠にかかり、怪物に襲われますが、エメットという男性に助けられます。エメットはリーの友人で、妻と子供を失った後、放送局で一人で暮らしていました。

エメットとの出会いと島への旅

エメットはアボット一家を放送局に招き入れますが、彼らに長居はしないように言います。リーガンはラジオで流れる「ビヨンド・ザ・シー」という曲が、島に住む生存者からのメッセージだと気づきます。彼女は島に行って、高周波音で怪物を倒す方法を伝えることを決意しました。リーガンはエメットの無線機を盗み、一人で島へ向かいます。イヴリンはリーガンを追いかけるようにエメットに頼みます。エメットは渋々ながらもリーガンを追って、島への船着き場に向かいました。

島での平和と怪物の侵入

リーガンとエメットは島に到着し、島の長と出会います。長は島には怪物が来ないことを説明し、彼らを歓迎しました。リーガンは無線局に行って、高周波音を送信することを提案します。一方、イヴリンとマーカスは放送局に残りますが、怪物が侵入してきます。イヴリンは薬を取りに行き、マーカスは新生児と一緒に金庫に隠れました。しかし、金庫の酸素が切れそうになり、マーカスは外に出てしまいます。そこで、怪物と対峙することに。

高周波で怪物を倒すリーガンとマーカス

リーガンとエメットは無線局に到着し、高周波音を送信しようとしますが、怪物が島に侵入してきました。島の住民はパニックに陥り、怪物に襲われ始めます。リーガンとエメットは無線局に逃げ込みますが、怪物に追い詰められてしまいます。マーカスは怪物と戦うために、リーガンの補聴器を使って高周波音を発生させました。しかし、怪物は金庫に戻ってしまいます。マーカスはリーガンの無線機を見つけ、ラジオで「ビヨンド・ザ・シー」を聞きます。彼は無線機をスピーカーに繋いで、高周波音を放送しました。高周波音が放送されると、島の怪物も金庫の怪物も苦しみ始めます。リーガンとエメットは無線局の中で怪物に立ち向かい勇敢に戦いました。アボット一家は高周波音で怪物を倒すことに成功し、無線機で互いに連絡を取ります。リーガンはエメットに感謝し、エメットはリーガンに笑顔を見せます。映画は、アボット一家の勝利と希望のシーンで終わります。

最後に

クワイエットプレイス2 ネタバレまとめはいかがでしたか?映画『クワイエットプレイス2』は、前作の衝撃と感動を引き継ぎながら、新たな展開とスリルを加えた傑作です。音に反応する怪物との戦いは、息をのむほど緊迫しており、観客の心臓を鷲掴みにします。また、家族の絆や人間の本質にも触れたドラマも見どころです。リーガンの成長やエメットの変化、イヴリンの母性やマーカスの勇気など、登場人物の感情移入もできます。映画は、静寂と騒音、恐怖と希望、絶望と勇気の対比を巧みに描き出しています。ホラー映画のファンはもちろん、家族愛や人間性に興味のある方にもおすすめの作品です。

投稿者 kayou