胸キュンが止まらない!韓国ドラマ『社内お見合い』レビュー

胸キュンが止まらない!韓国ドラマ『社内お見合い』レビュー 韓国ドラマ動画

現実の生活は、家と職場の往復だったり、恋人となかなか会えなかったり。愛する人と一緒に住んでいても、段々とときめかなくなっていたり・・・。そんな胸キュンが不足しがちな皆さんに、キュンキュンしていただける韓国ドラマをご紹介します!

韓国ドラマ『社内お見合い』とは

ルックス、頭脳、家柄と全てにおいてパーフェクトスペックの財閥御曹司で新社長に就任したカン・テムと親友の身代わりで自身の会社の社長とお見合いをした一般庶民の平凡な社員シン・ハリが繰り広げるラブコメ。原作はウェブ小説カカオページで連載された、作家のHaeHwa氏による『お見合い相手はうちのボス』。

韓国のテレビ局・SBSで、2022年2月28日から放送されました。日本では「Netflix」にて、同日独占配信。社内お見合い 配信時間は、韓国での放送時間が22時からだったため、Netflixでは23時30分頃からでした。

あらすじ

派手さはないけど、地道に明るく健気に生きているシン・ハリ。努力して大企業の食品研究課に就職できたものの、家族の借金もあり、中々お金に余裕は生まれません。ひょんなことから、器物破損で修理代を請求されますが、お金が足りません。そんな時、大親友のチン・ヨンソから縁談を壊して欲しいと頼まれます。断ろうとするハリに、ヨンソはバイト代を支払うと提案。お金に困っているハリは、縁談を壊すのはこれが最後だとヨンソに約束させ、ヨンソの代わりにお見合いへ向かいます。

ファッション、化粧、それからしぐさと、お見合い相手からは絶対不評であろう万全な状態で迎えたお見合い相手は、なんとハリの勤める会社の新社長カン・テムでした。バレやしないかとハラハラしながらも、不評キャラを演じ抜き、破談にしようと奮闘します。テムの方は、これ以上祖父に見合いを強要されて、仕事の時間を無駄にしたくないからと結婚することを宣言。そんな時、本物のヨンソがテムの秘書チャ・ソンフンと駐車場で事故を起こしてしまったことで、ハリが偽者であったことがバレてしまいます。ところがテムはそれを脅しのネタに、結婚前提の偽装カップルを契約させるのですが・・・。

主な登場人物

カン・テム(アン・ヒョソプ)

GOフード新社長。何よりも仕事優先の仕事の鬼。海外支社でさらなる手腕に磨きをかけ、成功を収めて帰国し、社長に就任した。創業者である祖父の「孫が見たい」というしつこい頼みをかわしきれず、祖父が選んだ令嬢達とお見合いをすることに。そこでハリと出会う。

シン・ハリ(キム・セジョン)

GOフードレトルト食品開発チームの社員。存在感は薄いが、明るく元気な性格。実家はチキン店を営んでいる。大学で出会ったミンウに7年間、片思い。親友のヨンソから、頼まれたお見合いをダメにするというアルバイトを引き受ける。

『社内お見合い』の見どころ

Netflix グローバルランキングTOP10入り

韓国のラブコメドラマ『社内お見合い』は、日韓のみならず、ラブコメでは異例の『世界で最も視聴されたTVランキング』で3ヶ月間TOP10入を果たしました。世界中を胸キュンの渦に巻き込んでいると言っても過言ではありません。飽きのこない脚本、満足度の高い演出に、何度もリピートしている方も多いのも、このドラマの特徴です。

王道なストーリー展開でも、キュンキュンしまくり!

お金持ちと庶民の偽装恋愛。ストーリーとしては、ファンタジー並の王道ですが、それでも十分キュンキュンできちゃうんです。まずは、カン・テムと秘書のチャ・ソンフンがクールなツンデレとメガネ男子のイケメン揃いで目が離せません。原作はウェブ小説とウェブ漫画発信だったのですが、韓国では二人とも漫画と瓜二つだったそうで、ネットがそれはそれは盛り上がったそうです。ラブコメなのでもちろん笑えるんですが、そんなコメディ部分もなぜかキュンってしちゃいます。

また、カン・テムのシン・ハリへの愛情の表現方法が、笑っちゃう上にデレちゃいます。とにかく全体的に甘酸っぱいんです。しかもサイドでは、チャ・ソンフンとチン・ヨンソのギャップ萌えな恋の行方にも胸キュン。とにかく中毒性が強いと言われており、何度もリピートしちゃう女子が日韓共に多いそうです。

最後に

『社内お見合い』を観て、キュンキュンを補給していただき、是非とも実生活をより豊かにしていただけたらと思います。もし、まだ補充が十分でない場合は、Netflixの豊富なラブコメでガンガン補充しちゃいましょう。胸のトキメキは、私たちの身体と心の活性剤になりえますからね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました