豪華キャストが集結!『ラーゲリより愛を込めて』出演者一覧

豪華キャストが集結!『ラーゲリより愛を込めて』出演者一覧 日本の俳優・女優

2022年12月9日に公開の『ラーゲリより愛を込めて』。原作は辺見じゅんさんの『収容所からきた遺書』で、二宮和也さんが主演。その他、北川景子さんや松坂桃李さんなどの豪華俳優人たちが出演することでも話題となっています。

そこで今回は、映画『ラーゲリより愛を込めて』出演者をまとめてご紹介します。

映画『ラーゲリより愛を込めて』のあらすじ

1945年、第二次大戦終戦後。−40℃の厳しい寒さが訪れるシベリア。栄養失調や寒さで、死にゆく者が相次ぐこの世の生き地獄・強制収容所(ラーゲリ)では少ない食料で、過酷な労働をしいられる日々が続いていました。

主人公の山本は全く覚えのないスパイ容疑で、ラーゲリへ収容されてしまいます。家族にまた会えることだけを希望に、心を閉ざす拘留者たちに希望を失わないようにと声をかけ続けていました。次第に拘留者たちの心にも変化が現れだし、家族からの手紙に涙している頃、山本の体は病に侵されます。

診断結果は余命3ヶ月。遺書を書くことにした山本ですが、ラーゲリでは禁止されているため、遺書は押収されてしまいます。死期迫る山本の願いを叶える為に、仲間たちのとった行動とは・・・。

映画『ラーゲリより愛を込めて』の登場人物の出演者

山本幡男(二宮和也)

心当たりがないままスパイ容疑をかけられ、妻と4人の子供を日本に残して収容所(ラーゲリ)に収容されてしまいます。−40℃の中働かされ、支給される食料も少ないという劣悪な環境でも、彼は希望を捨てませんでした。必ず帰国(ダモイ)の日は来る。再び妻と子供に再会することだけを希望に耐え、希望を無くしてしまった他の拘留者たちを励ます、日々を過ごしていました。

山本モジミ(北川景子)

山本幡男の妻。元教師。幡男が収容されてしまって以降、様々な苦労がありながらも女手一つで、4人の子供たちを立派に育て上げました。幡男は生きている。必ず再会出来るという約束を信じて、幡男の帰国を待ちわびます。

松田研三(松坂桃李)

戦場に行くも、恐怖のあまり戦闘に参加することが出来ませんでした。そして、目の前で友人が戦死。その経験から、自らの取った行動に思い悩み、苦しみ、心に大きな傷を負った結果、ラーゲリでは傍観した態度をとってしまいます。しかし、皆を励ます山本と共にラーゲリを過ごすうちに、気持ちに変化が現れます。

新谷健雄(中島健人)

生まれながらに足が不自由な為、徴兵はされませんでした。しかし漁の時、運悪く連行されてしまいます。故郷の兄弟を想ったり、労働中に拾った子犬に食料を分け与えたりと、心優しき青年。教育を受けてこなかった為、山本幡男から読み書きを教わります。

山本顕一(寺尾聰)

山本幡男の長男。10歳の時、満州から帰国途中にソ連からから爆撃されたことで、父親とは離れ離れになってしまいました。父から学んだ言葉、楽しかった家族との思い出を糧に母親を手伝います。

相沢光男(桐谷健太)

ラーゲリに収容されても尚、日本軍での階級に執着します。その為、自分より階級の下である山本幡男や松田らに横柄な態度を取ってしまうこともしばしば・・。特に山本幡男を敵対視し、接する態度は厳しいです。

原幸彦(安田顕)

山本幡男の同郷の先輩。ロシア文学を山本に教え、人格形成に大きな影響を与えた人物。過酷な環境のラーゲリ内で、どうしようもなくなった際に取ってしまった己の選択により、変わり果ててしまいます。

まとめ

今回は、映画『ラーゲリより愛を込めて』の出演者をご紹介しました。『ラーゲリより愛を込めて』では、苦しい時でも希望を捨てないことや必死に生き抜く覚悟、拘留者たちの絆が見どころとなっています。

12月9日より全国の映画館で公開されていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました